病は気から

阪大免疫学フロンティア研究センターの鈴木一博教授は以前より

交感神経が免疫を調節する研究を精力的にされています。

今更の感がありますが、今朝の新聞記事で目にしました。

神経系が免疫系を制御していることは100年前から指摘されていましたが、

その分子機構はよくわかっていませんでした。

鈴木先生は交感神経が免疫細胞の制御に関わっていることを明らかにされました。

精神的・肉体的ストレスで交感神経の活動が高まる昼間(特に午前中)に

リンパ球がリンパ節に留まる(好中球は逆に血液から皮膚や筋肉などの

末梢組織へ移行する)ように制御し、病原体の攻撃に備える体制を整えます。

交感神経の活動が休まる夜間にリンパ球はリンパ節を出て、血液を循環して

病原体を攻撃します。そのため予防接種は午前中に受けた方が効果的になります。

太古より連綿と続く交感神経のこのリズムが私たちの身体を

合理的に守ってくれているのです。

緊張とリラックスの適度なバランス、早寝早起の生活習慣が大切というお話。

最新記事

すべて表示

5時46分

24年前は大阪の病院で勤務していました。 突然の激しい揺れに飛び起きました。 数日後、ペットボトルを詰めこんだリュックサックを背負って 神戸の恩師の自宅へ向かいました。 甲子園から先は電車が止まったため、 そこで自転車を買いました。 映像ではわからない光景でした。 まるで敗戦後の街(実際を知りませんが)を見ているかのようでした。 寸断された道もあり、自転車が使い物にならなくなり、 歩いていた人にあ

貪瞋痴

仏教では、人の苦しみの根源は、貪瞋痴という三毒と考えます。 必要以上の欲、怒り、おろか(真理に対する無知)。 どんな人(むろん私も)の心の中にもある煩悩(毒)です。 私の友人の消化器外科医が貪瞋痴をもとに 教えてくれました。 重い病気(たとえば癌)になったとき必要なのは、 自分にとって一番大切なものは何かを考え、 それ以上のものは望まない。 八つ当たりをせず、愚痴をこぼさない。 勇気をもって新しい

こちらこそありがとうございます

長年アトピー性皮膚炎で苦しまれた患者さん。 たまたま当科にいらっしゃいました。 これまで標準的治療はむろん民間療法を含めた様々な治療でも改善されませんでした。 ところが、いつも通りの治療をいつものように続けたところ すっかりきれいな肌になってきました。 今日その感謝の言葉で満たされたお手紙を頂戴しました。 まったく思いがけないプレゼントです。 ここで私は自慢をしたいわけではありません。 むしろ、そ

診察時間      月  火  水    金  

午前:10:00~    ○    ○  ○  ○  

午後:5:00~    -  ○  -  ○  

受付時間:午前9:45~11:00,

                  午後4:45~6:00

●休診日:木・土・日祝

 

●最寄駅:近鉄大阪線・五位堂駅

●五位堂駅からタクシー5分, バス37番5分

●車:西名阪香芝インター10分

〒639-0223

奈良県香芝市真美ケ丘6-10

エコール・マミ南館2F

​ 

​mamiderma.com